知らない道も歩いてみようか〜♪ 知らない人ともお喋りしよぉ♪

知らない道も歩いてみようか〜♪ 知らない人ともお喋りしよぉ♪

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。

 

昨日、家に帰って来てからなのか、すでに旅先からなのかは解らないですが、眼球がウルウルしています。
出かけると、いつものことなんです。
心地の悪い症状なのだけど、何かを流し出そうとしてくれているのかな〜って思ったりもします。

 

今は、風邪なども流行っていて、高熱が出たりもしているようですが、これは身体が闘っている証拠だともいえるし、ゆっくり、穏やかに休養しましょう…というサインでもあるのでは。
自分が好まない現象が、悪い出来事とは言い切れないことも有ります。

 

 

セミナーに行ってきたばかりですが、今日は早速、そのレッスンの日でした。
おさらい…からの〜これからのことです。

 

学びによって、今後の施術も変わってくると思うけど、自分ではなかなか判りにくいことが多いから、お客さんの感想とか、変わったところが有れば、聞いてみるように…とのことなので、どうか皆さん、そういったことが有りましたら、教えていただけると助かります。

 

常連さんじゃないと、私のビフォアー&アフターは知りえないわけですが、初めてのお客様で、もしお気づきの点、他店との比較でもいいです…もし有りましたらお聞かせください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

さらに…

私の行動パターンや、思考の癖についてお話して貰って、そこからさらに拡げていけるかは自分次第なのですが、自分が知っていることや、こうしたら⇒こうなる…みたいなことばかりをなぞっていては、変わらないよ、という事なんですよね。

 

昨日のブログの中で、私が『暗い≒怖い』といった表現をしました。
知らない道も歩いてみようか〜♪ 知らない人ともお喋りしよぉ♪
http://googoo.space/category34/shiranaimichimo.html

 

夜だとか、真っ暗な場所が怖いというわけですが、夜中に家の廊下を通ってトイレには行けます。
障害物があったとしても、それは私が散らかしたままの物くらいです。

 

『暗い≒怖い』を別の言葉で置き換えてみると、『見当のつかないこと≒怖い』ともいえるんだそうで。
私の深層は、こういった側面から見ることが出来るという事です。

 

よく、コンビニなんかでも、いつも同じものしか買わないってお話を聞きますが、それも同じようなことかもしれませんね。
冒険が出来ないのかもしれません。

 

初めて会う人、どんな会合だか解らないところへの参加に緊張が有ったりもしますかね。

 

 

□#@…☆※△〜?

コンビニといえば。

 

新宿のバスターミナルとか駅には色んな国の人が居て、それでまた髪をカラーリングしていたりもするので、何が何だかわからないです。
金髪の外人さんが、地べたでシャケ弁を食べて居たり、真黒な服に紫と赤のロン毛のデッカイ兄さんが、小さなスプーンでゼリーを食べてたり。

 

私の思い込みの世界の狭さを観ますね。

 

朝、ここのファミマでサンドイッチとかコーヒーを買うのですが、コーヒーのセルフサーバーのところで、外国の男の人に使い方を尋ねられました。肌は黒っぽくて、どうも、これは英語っぽくないわ…と言うのだけわかりました。
「いや〜、私も田舎から出てきましたので…」って、逃げたい感じ(笑)

 

「□#@…☆※△〜?」

 

んんん?

 

「□#@…☆※…cappuccino…△〜?」

 

「あ〜〜〜、カプチーノ?」

 

「cappuccino!」

 

「カプチーノカプチーノ…カプチーノは無いねぇ。カフェラテ?カフェラテにする?そうする?(ていうか、それにしときなよ!)」

 

「…Caffe Latte!」

 

「カフェラテは、これこれ♪ タッチタッチ♪」

 

無事にカフェラテは出てきたのだけど、今度はフタがどれなのか解らなくて。
私、ブレンドしか買ったことがないんです。
二人でニヤニヤしながら、フタを選んで…

 

で、しまいに、その外人さんは意外な一言。
「コレ、アナタノデスカ?」

 

えぇ〜?

 

「それ、あなたの。私のはこれ(ブラックの)。」

 

「haha…ドモナリガト。」

 

私の見届け感が、しつこかったのでしょうか(笑)

 

今度はミルクのコーヒーにも挑戦してみます。
フタのタイプも制覇!
…以上、どうでもいい話でした♪

 

 

 

私の進行方向を妨げるように、お兄さんがカメラを向けているので、振り返ってみたら…

 

おーー、綺麗やん♪
お兄ちゃん、ありがとう。

ごくごく個人的で、一方的な活動

夜の街を徘徊するのもいいもので、自分の慣れた風景のテリトリー、『手堅く守られたスペース』に居るよりかは、多少はスリリングでもあり、エネルギーも使います。

 

どこへ行ってもそうなんですが、私が自然に目が行くのは、働いている人。
ショップ店員のお姉さんだとか、お店の前でプレートを持って呼び込みをしているお兄さん。
駅員さん、掃除の人。etc…

 

食事をするときなど、味もですが、お店の人も気になります。
立ち仕事で、とか、お盆を持つ手だとか。
そして、お水を出すときの仕草なんかで、その方の気の配り方を見せて貰ってるんです。

 

評価じゃないですよ。
どんなことで、疲れてるのだか。この仕事の魅力は何かとか。
ホンマは、すべて自分が経験できるといいのだけど、それもなかなか難しい話。

 

盗み見しています。
なので、代わりにと言っては何ですが、「お疲れ様」とか「がんばろー」とかのビームを。

 

たまにね、「こいつ、やる気あんのかよ。」って、店員さんも居ますがw
そういった人にこそ、”ありがとう” って、声を掛けるのが世界平和のきっかけかもな〜なんて、気もします。

 

自分が店を出た後に、残す気配がドヨヨ〜ンとしませんように。
それも、目標です。

迷子にもなるもんです。

歌舞伎町を抜けて、また迷子になって、路地を一本入ったら、なんて素敵なことに六階建ての手芸品屋さんを発見。

 

毛糸、ボタン、布地、ビーズ、スパンコール…

 

舞台用つけまつげ、ウイッグ、ステージ用扇子、羽根、コスプレグッズ…

 

おー、なるほどね。
”ならでは”のグッズが揃っているんだ。
私がいつも行っている手芸屋さんは、あまりキラキラしたものは置いてなくて、女のお客さんがほとんど。

 

ここはお客さんの層も、クリエーターや、その卵らしき学生さん。外国の人。
女性男性は半々くらい。

 

地下にはランジェリーを置いているらしく、私は下着を見るのが好きなので、階段を下りていこうと思ったのだけど、、、
『B1 グラマーサイズランジェリー・コーナー』って書いてあって。
なんか、勝手に被害妄想が働き、やめました(笑)

 

「お前に食わせるタンメンはねぇ!」的な。

 

でも、やっぱ今度の時は降りて行ってみる♪

 

 

まだ何を作るかも解らないけど、とりあえず買ってしまった厚地。

 

こういった店を見ていると、いろんなお客様の顔が浮かびます。

 

靴下編みとパッチワークが好きなMさん。
さおり織りのSさん。
ボタニカル柄に目がないIさん。
最近、かぎ針編みを練習中、力んじゃってカチカチのアクリルたわしになっちゃうOさん。
演芸会の衣装への情熱がパねぇS君。
布を買うのは好きだけど、何も作らないで、溜めに溜め込んで、衣装ケース二箱分を私に下さったHさん。

 

 

あれれれーーー
追伸…
初めて読まれる方へ、そしていつも読んでくださっている方へ、、、
私はマッサージ屋をやっております。

 

確認(笑)

 

あまりにも関係ないことばかり書いているので、少し自分でも不安になりました。

 

…大丈夫…としておきましょう♪

知らない道も歩いてみようか〜♪ 知らない人ともお喋りしよぉ♪関連ページ

肌あれには、血行促進もです〜♪
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「肌あれには、血行促進もです〜♪」
祝日ですが、皆様お疲れ様です。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「祝日ですが、皆様お疲れ様です。」
いちいち気にしていると、ロスであったりもします。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「いちいち気にしていると、ロスであったりもします。」
元気に帰ってきました〜。またよろしくお願いします。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「元気に帰ってきました〜。またよろしくお願いします。」
二月ですね。足もとにご用心です。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「二月ですね。足もとにご用心です。」