『心配事』を『心配り』に出来たらあったかいんじゃないかな。夫婦って簡単なようで難しいですね。

『心配事』を『心配り』に出来たらあったかいんじゃないかな。夫婦って簡単なようで難しいですね。

「グーグー♪」IF YOU WANT IT. のサエです。

 

「モヤモヤ」を持て余してしまうDさん(50代)のお話です。結構多いです。女性が多いかな?男性も一緒ですかね。

 

以前、全身のダルさでお越しになったところ、思いもよらないところに効果が起こったDさん。風邪をひかれているのかな…と思いきや、もともとのハスキーボイス、例えるなら、椿鬼奴くらい。笑っちゃいけません。原因不明の声のかすれで、何年も大学病院で検査とリハビリを続けていたDさんは、足揉みで甘い声を取り戻したのです。(※詳しくは過去記事の『胸の真ん中が固くなると…(逆流性食道炎・ストレス・声のかすれ)』を読んでくださいね。太字をクリックしてみてください。)
ありがたいことに「グーグー♪」を気に入っていただいて、何度と来ていただいています。
検査をしても声帯に損傷はなく、すっかり諦めていたそうです。
「前は全く声が出ない日があって、電話に出るのもつらかったのに…あれからとっても声の調子が良くて!」
出したいのに出しにくいって、結構それ自体がストレスになってしまいますね。 

 

意外に分かりにくいのが、自分の『本音』

怒ったり、泣いたり、そういった現象はイヤでも出てしまう事があります。
でも、それって果たして本音かといえば、そうでもなさそう。怒りや涙の、そのおおもとの「なんで、そうなってしまうの?本当の望むところはなに?」
というところに、その都度キチンとフォーカスみてはどうでしょう。

 

お客様のほとんどが「○○をして△△の調子が悪い」というきっかけで私の所へお越しになります。たわいもないお喋りの中に、それとはまったく違う事柄からふとこぼれる『本音』
家族・パートナー・友達…には見せていない部分がカラダが弛んだタイミングにポロリ。足裏の状態で気なる時には問いかけもしますが、お客様は問わず語りをしながら、自然に気持ちの整理をして帰られます。Dさんもご自分の『今の気持ち』で、『カラダ』に影響が出ていることに気が付かれました。
だから、『気持ち』が煮詰まってしまう前に『カラダ』をほぐしておこう…ってシンプルに考えられるようになられたのですよね。

暮らしていく中で、いろんなことが起きてきます。解決してもしなくても、また何か起こる。
そんな時に乗り切れる最大の武器は『余裕』だと教わりました。日頃の心身の余裕の持ち方で、対処が違ってきますよね。
もし、いま『心配事』で押しつぶされそうになっている自分に局面したとき、少し目線を拡げてみるとそれを気遣ってくれているまなざしに気づくでしょう。
そして、自分の中で渦巻いていた想いを、ふんわりと温かなものに変換して誰かに傾けることが出来たら…それはもう、『心配』ではなく『心配り』

若い時なら、お互いの気持ちって…抱き合うことで埋めることが出来たのかもしれない

言葉が足りなくたって、若い時ならカラダのふれあいで溝を埋めることが出来たのかもしれません。年齢と共に、そういった習慣は遠ざかっていきます。(あくまでも、個人差ですが…)『言わなくても解ってるだろう』『いえ、全然わかってくれない』って、小さな薄紙のような想いも、それが幾重にもなると、厚い壁になってしまう事が有りますね。男と女は分かり合えないものだっていいます。
だけど、一見は不幸に見える病気や、思いもよらぬ出来事が起きた時に、今まで空気のような存在だった人の存在の大きさに気が付かされることもあります。それが夫婦の、家族の醍醐味であるでしょう。

 

私、Dさんのご主人様の身体も見させて貰ってるのですが、甘い女性のイメージのDさんとは正反対とも言えるような、あっさり、サッパリの男性なんですよね。ご主人はご主人で、仕事の悩みを抱えながらも、安定した収入を目指して、家族のために働いておられる姿を、私は見せて貰ってます。
でも、もしかして奥様は、もうちょっと自分を気にかけて欲しいって思ってるんじゃないかな…って思います。
「なんか…もうちょっと…違う言い方ないのかなぁ〜」なんて、女性は思う時、ありますよね。男性も女性にそう思うなかな。
でもね、『自分の事で奥さんに心配かけてるな…』って、旦那様もきっと気にしてらっしゃる。男の人は、上手く言えないから言わないだけだと思うんです。
きっとDさんの優しい雰囲気と笑顔に惹かれて一緒になられて、ずーっとDさんの笑顔が見れるひと時を待っていらっしゃる。。そんなお話をしました。

 

「カラダが楽になったら、気持ちも落ち着いてきたみたい。これで何とか乗り切れそうよ!心配しても良いことなんて起こらないもんね〜」
Dさんの本来の良さが全面的に見える瞬間です。

 

後日談なんですが、お二人には初孫ちゃんが出来たんです。そしたら、急に元気になってしまいました(笑)あっさりと塩味のご主人が、デレデレになってしまったんですよ(笑)

 

『心配事』を『心配り』に出来たらあったかいんじゃないかな。夫婦って簡単なようで難しいですね。関連ページ

つちふまずがないと思ってたら、オシッコがちゃんと出てないことが判明した可愛い頑張り屋さんのお話。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「つちふまずがないと思ってたら、オシッコがちゃんと出てないことが判明した可愛い頑張り屋さんのお話。」
ひとつ良くなると、またひとつ悩みを作ってしまうようです。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「ひとつ良くなると、またひとつ悩みを作ってしまうようです。」
「今日は、もう、とにかく全部ほぐしてください〜」ってLさんの肩甲骨
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「「今日は、もう、とにかく全部ほぐしてください〜」ってLさんの肩甲骨」
志摩のあじさい寺
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「志摩のあじさい寺」
梅仕事…お気楽編(これ以上簡単な梅漬けってないと思います)
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「梅仕事…お気楽編(これ以上簡単な梅漬けってないと思います)」
「車のハンドルの遊びくらい」の余裕くらいはもっていたいですね。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「「車のハンドルの遊びくらい」の余裕くらいはもっていたいですね。」
あなたのオーラカラーはピンクとグリーンね。ってお客様に言われた話。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「あなたのオーラカラーはピンクとグリーンね。ってお客様に言われた話。」
四十肩の荒治療を三日間続けてやりました。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「四十肩の荒治療を三日間続けてやりました。」