あなたのオーラカラーはピンクとグリーンね。ってお客様に言われた話。

あなたのオーラカラーはピンクとグリーンね。ってお客様に言われた話。

「グーグー♪」IF YOU WANT IT. のサエです。

 

私がまだホテルのリラクゼーションコーナーで働き出したころの、とても印象に残っている少し不思議な話です。
まぁ、私的などうでもいい話です。

 

「伊勢神宮の参拝で足が疲れたよ〜。玉砂利が結構きつかった〜。」といったお声をよくお聞きしました。普段はフラットな面で過ごすことがほとんどなので、お伊勢さんの玉砂利は『足つぼ効果』があるのかもしれませんね。最寄りの駐車場から、おかげ横丁を抜け、内宮参拝。それだけで懲りて、「外宮さんへは行けなかったよ…」って方も。そう思うと、昔の人は健脚だったのですよね。
全国の津々浦々から、何日もかけておかげ参りをしていたのですからね。旅をする甲斐性と、健康体でないと出来ないのは然り。

旅の特有のお疲れはオシリ

現代の旅行は、ほとんどが乗り物に長時間揺られながらの移動となります。宿泊客の皆様は、揃って尾骨の反射区の刺激で「あ、痛た…」。
尾骨はお尻のシッポの名残と言われているところ。反射区で言うと、かかとの上辺り、靴ベラが当たる部分のゴリッとした骨のところになります。
結構負担が掛っているようです、お尻さん。そんなお客様の旅のエピソードをお聞きするのも、とても楽しい時間でした。

当然、お客様とは初対面で、予約の際に伺うのはルームナンバーとお名前だけ。
色んな方がいらっしゃいます。一泊のお客様、連泊で明日の予約を入れてくださる方。ほとんどが最初で最後の出会い。一期一会です。
限られた時間の中で、気持ち良さを最大に得ていただくために、その方の日常の様子を掴むことに努めました。
一連のマニュアルをこなす中で、お客様が本当に望まれているのは何かを知る一心です。
足の裏を見させていただくと、私の胸が苦しくなるような症状をかかえていらっしゃる方も…苦痛に形が曲がり、よろいを幾重にもまとっているような足。
思考のクセや、人生の過酷さも垣間見ます。普段は、足が付いていることなど忘れているけど、過労や故障、内臓疾患により足がこんなにも重いものだと気づかされますね。

ホテルでのお客様とのコミュニケーションの中で、私自身も良い思いをさせて貰っていました。
「夜遅くまで大変だね。小さなカラダで、結構力あるねぇ。疲れない?」なんて、お言葉をかけていただいたり。そして、多くは他県からお越しになるので、御当地のお話を聞かせて貰えるのも、とても楽しいひと時でした。
まだ新米で、施術に自信が無い時、何にも云わないけど、なんだかしらないけど「大丈夫だから頑張りなよ!」って、お客様が言って下さるんですよ。私は、本当に構造が単純なので、あ♪そっか♪って思ってしまいました。自信などなくても、私がやるべき仕事はこれなんだって教えて下さったのは、お客様おひとりおひとりの『ありがとう』って言葉からです。

 

「前世のお母さん?」って勝手に思ってしまいました。

その方は、私自身が持っているものと同じような、麻色のワンピースをお召しになっていました。
普段はお客様の服装などは気にもしないのに、よっぽど印象に残ったのでしょうね。私とは10歳も違わないところの、綺麗な女性でした。
いつもはそうでもないのですが、横たわっているその方の足の裏よりも、鼻の穴が気になって。
” どこかで見たことのある鼻だな…?? ”いつも、この鼻の穴を眺めていたような気持ちになり…。
” お母さん??? ”
直観的に、そんな言葉が浮かんできたのですね。もちろん、私の母では無いし、似てはいません。

 

その女性は、しばらく黙っていらしたのち、ご自分の身の上を、問わずとも語られたのです。三人の子の母であること、そしてセラピストであること。その他、ご主人のことについて、どんなだか…。なんと、それが、まるで私自身のことを言い当てられているように、そっくりなのです。
「気になったから、あなたのオーラカラーを見ちゃった。ピンクとグリーンだね。」
「え? ピンクって、チャラいってことですか?」カラーの知識が無く、素っ頓狂な返事をしてしまった私に、その方は優しく笑って、
「私、あなたのことがとても可愛く感じるから、きっと前世で何かのご縁が有ったと想うの。あなたは大丈夫だから、頑張りなさいよ。内面もキャラも今のままで充分だから、女としていつまでも美しくあるように努めなさい。」って仰ったのですね。
「外見より中身が大切なのじゃないのですか?」って問うと、その方はニッコリ微笑まれたのです。
『美しく微笑むということが説得力』となる、とその時に初めて知りました。
実は、彼女自身もセラピストであり、マッサージをするかたわら、カードの占いでお客様のお悩みに答えて差し上げたりしているそうです。

 

その方は、お部屋に戻られる前に私をしっかり抱きしめて、また励まして下さったのです。よっぽど心細いような顔で仕事をしていたのでしょうか(笑)
結局『お母さんですか?』ってことは言えずにお見送りをしてしまいました。

 

その時からです。
私のところへ来ていただく方とのご縁を、より深く想うようになったのです。
ご奉仕させていただくことで、時に指針をもいただいています。ありがとうございます。

 

 

 

 

あなたのオーラカラーはピンクとグリーンね。ってお客様に言われた話。関連ページ

つちふまずがないと思ってたら、オシッコがちゃんと出てないことが判明した可愛い頑張り屋さんのお話。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「つちふまずがないと思ってたら、オシッコがちゃんと出てないことが判明した可愛い頑張り屋さんのお話。」
ひとつ良くなると、またひとつ悩みを作ってしまうようです。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「ひとつ良くなると、またひとつ悩みを作ってしまうようです。」
「今日は、もう、とにかく全部ほぐしてください〜」ってLさんの肩甲骨
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「「今日は、もう、とにかく全部ほぐしてください〜」ってLさんの肩甲骨」
志摩のあじさい寺
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「志摩のあじさい寺」
梅仕事…お気楽編(これ以上簡単な梅漬けってないと思います)
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「梅仕事…お気楽編(これ以上簡単な梅漬けってないと思います)」
「車のハンドルの遊びくらい」の余裕くらいはもっていたいですね。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「「車のハンドルの遊びくらい」の余裕くらいはもっていたいですね。」
四十肩の荒治療を三日間続けてやりました。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「四十肩の荒治療を三日間続けてやりました。」
『心配事』を『心配り』に出来たらあったかいんじゃないかな。夫婦って簡単なようで難しいですね。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「『心配事』を『心配り』に出来たらあったかいんじゃないかな。夫婦って簡単なようで難しいですね。」