3/6(日)は桜祭り。ピンク・ピンク・ピンク♪大王町・大慈寺の「てんれい桜(河津桜)」が素晴らしいです。

3/6(日)は桜祭り。ピンク・ピンク・ピンク♪大王町・大慈寺の「てんれい桜(河津桜)」が素晴らしいです。

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。
私の家からは、15分位。志摩の大王町波切・大慈寺へ行ってきました。

 

最近、車で走っていて目につくのが、このピンク色の花です。桜にしては早すぎるし、もも?うめ? とにかく、とても可愛い色なので気になっていました。
どなたかの投稿で、これが『河津桜』という名前で、それでこのお寺に沢山咲いてくるってことを聞きましたので、早速行ってみたんです。大慈寺さんには、「あじさいまつり」の時に初めて行き、その時も良い思いをさせて貰ったんですよ。

 

前に行ってますから、余裕で坂道を下り、見えてきたのは海…
通り過ぎました、、、、、、余裕で。
観光案内のおばちゃんに聞いて、Uターン。
JAの時計を目印に世古道に入ります。
「またーー、とーーりすぎたらーー、いかんよーーーーー」って、おばちゃん。
叫んでくれてーーーー、ありがとーーーっ♪

「わわわーーーー♪」 駐車場から桜のお出迎え

沢山の方がいらっしゃって、思い思いに桜を賞美されていました。お孫さんを連れた女性。お友達と。それから、ご夫婦で。
カメラを持った方も。
ソメイヨシノもイイですが、やっぱり、このくらいの色の濃さが有ると、被写体にはもってこいですね。
私は、携帯のカメラしかないので、白い花は空の明るさに負けてしまって、いまいち映えないんです。
だから、とてもいい感じで撮れて嬉しいので、見てくださいね。
皆様にもお勧めですよ。

だけど気を付けて欲しいな〜ってことがあります。
頭の上の桜以外にも、こちらの敷地内には足元に沢山の草花が植わっています。
まだ、春浅いので小さくてうっかり踏んでしまいそうなもの、芝もありますから、どうかご注意ください。
これから、花見のシーズンですが、お花は根元を踏まれるのを嫌います。土で隠れてるけど、根っこも生きているから。
大切に…。私も、ぼんやりしている方なので、気を付けます。

「モデルになってもらえない?」ってアマチュアカメラマンのオジサマは、携帯カメラは苦手(笑)

「お姉さんたち、ちょっとモデルしてくれへん?」と、二人のオジサマ。首から、いいカメラを提げてます。
「桜見ながら、おしゃべりしてみて〜」「桜に指さして〜」との指示に従い、娘と寸劇をしました。

 

「あんたの、それでも撮ったるわ」と、私の携帯を指さして言ってくださって。
上手な人に撮って貰ったらラッキーやん♪って感じで、私の携帯を渡したんですが、「どこ押すの?」「ズームはどこ?」って、すんごい悩んでて、レンズを指で押さえてるし(笑)
桜の木の下とオジサンの立ってるところを、モデルが駆け足で往復するという羽目に…。あげく、私の大事なXperia…つるっと、落とす、、、そして、、、、まともな写真は、、、、たったの1枚。でも、携帯が無事で、All O.K.です。

 

もぉ、面白すぎて、笑いをこらえるのが苦しかった。
こういった一期一会のカラミはいいもんですね。大好き。

 

今日はカメラ日和だったのでしょうか、お仲間たちと連絡を取り合って、灯台やら漁の風景やらを撮って回っているそうです。
波切は、非常に眺めがよく、起伏がある家並みのため、絵になる風景なんです。(私は芸術がわからないので、その値打ちが判りません…)だから、「絵描きの町」とも言われているのですって。歩いてみると、坂道・世古道ばかりなので大変なのだけれど、坂を上がりきった向こうに海が見えたり、古くからの家々とそれを繋ぐ小さな階段などが味わい深いそうなんですよ。

一番会いたかった方との再会。さすり布袋様。

あじさいまつりの時に初めて見て、とても好きになった『さすり布袋様』
病気や不調がある方の苦しみを取って下さるそうです。そして、背負っている福袋には、富の御利益があるそうで…。布袋さんのお体は、皆さんに撫でられてツルツルピカピカです。特に黒く光っているのは、お腹・頭・袋・顔…
顔…(笑)
特にガン封じや、足腰が弱らないように祈願するのも良いそうです。私は、どこも悪いところはないので、「皆さんのお力になれるよう助けてください」とお願いしました。ホントは、背が伸びますように…って、お願いしたいのですが、ちょっと違う感じですね(笑)

 

そして、弁財天(めぐみ弁天)様
お手が八つの姿と、琵琶を持っている二つのお姿が有るのですって。とても、美人さんです。すごく強さも感じました。心にやましいことが有る時は、とてもじゃないけど恐ろしくて、直視出来ないほどのまなざしです。
「す、すみません…写真撮らせてもらいます…。」って、丁重にお願いして…

 

ほんと、綺麗でした。

来週まで、雨よ、降ってくれるな!でも、なぜか私が張り切っていると、雨が多いような気がするので、何気に平常心。

来週3月6日(日)には、桜祭りが催されるそうです。あじさいまつりの時の、本堂での二胡の演奏は、とてもゆったりとした奏を響かせていました。
お昼ご飯の後のお散歩がてらに、とても良い時間になるかと思いますよ。

 

 

 

ところで、河津桜なのに、なんで『てんれい桜』って言うの?

なんでかな〜って…
先代のご住職、典嶺さまが大切に育てたからなんだそうです。
この写真の桜が原木になっていて、これをさし木して増やしていかれたんですね。もともとは、伊豆の早咲き桜なのだそうです。当時は門外不出の苗を特別に分けて貰ったんですって。
詳しくは、大慈寺さんのホームページを…

 

↓↓↓桜をクリックすると、そちらにリンクしますよ。

今日、撮った中で特にお気に入りの1枚です。
桜の中から観音様のお顔がチラリ。桜の雲の中にお座りになっているようでした。

ありがとうございます。またお邪魔したいです。

私が、もうひとつ好きなのは、この頑丈な石でできた囲いです。
波切は「石工の町」ともいわれており、いたるところにこういった風景が見られるんですね。
太平洋に面しての海風は、ほんと強烈です。
鳥羽湾育ちの私には、年に何回も「台風かなー」と思う日が有るんですよ。
そういった環境から家や畑、人々の暮らしを守ってきました。
重機も無い時代から、きっと大勢の協力なくしては出来ない、この偉業をなさってきた石工さんのお仕事。
いつまでも残しておきたい志摩の姿です。

 

 

「ありがとう」って言葉は、魔法ですね。こうやって、美しい言葉で接して育てるのが、何よりもの秘訣でしょうか。

大慈寺さんのあじさいまつりに行った時の記事は、このちっちゃな苗をクリックして貰うと読めますので、お時間があればどうぞ。

3/6(日)は桜祭り。ピンク・ピンク・ピンク♪大王町・大慈寺の「てんれい桜(河津桜)」が素晴らしいです。関連ページ

クシャミ・鼻水・涙には意外な役割があるそうですよ。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「クシャミ・鼻水・涙には意外な役割があるそうですよ。」
一丁前に電柱広告を作って貰っているところです。進行形です。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「一丁前に電柱広告を作って貰っているところです。進行形です。」
寝不足の原因にもなっています。夜中のトイレは辛いですね。そんな方に共通する硬い部分とは…。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「寝不足の原因にもなっています。夜中のトイレは辛いですね。そんな方に共通する硬い部分とは…。」