八ヶ月間のビフォアー&アフター。やっぱ積み重ねなんだな〜、つくづく思わされた件です。

八ヶ月間のビフォアー&アフター。やっぱ積み重ねなんだな〜、つくづく思わされた件です。

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。
インフルエンザが流行っているそうですね。私の周りには誰もかかっていないのですが、そのまた周りには多いようで、お話をよくお聞きします。でも、感染しない人はしないので、不思議なものです。食当たりなんかも同様で、やはりその時の体調の良し悪しにもよるのでしょうか。

 

この話は定かではないのですが、これ『集団心理』も関係があるとかないとか。
「職場のみんながかかったけど、自分は人とは一風変わっているから、うつらないよ」って、強く思うといい…なんて説を耳にして、私はそのようにしています。効き目が有るかは分からないけど、自分が病気になるかも…なんて、暗示をかけない様には気を付けましょう。隣にいる人が体調悪いと不安にはなりますが、無駄な心配はせず、用心だけしましょうね。

 

そして、自らの体調管理が、周りの人への優しさだと思います。
疲れたら休む。適度な栄養摂取が大事だと思います。この時期、身体が固くなっているせいか胃腸の動きがイマイチですよ、皆さん。自覚がなくとも、温かいものをよく噛んで、楽しく食事してくださいね。ご自愛ください。

続けて通ってくださっている方の変化をご覧ください。

この写真の上段は、
7月に初めて来ていただいた時のもので、@とします。
下段は3月、八か月後のもの、Aとします。
来て貰っていたペースは、約一ヶ月に1〜2回。ずいぶん前の記事のEさんです。
(※お足元が窓際に向いているため外の明かるさが入るのもあり、撮影の時間帯が異なっていること、私の技術の悪さで、精密なビフォアー・アフターを表現できず申し訳ありません。)

 

なかなか、写真では判りにくいので、私なりの解説をさせていただきますと…。
まず、五本の指をご覧ください。
親指…頭部の反射区
人差し指・中指…眼の反射区
薬指・小指…耳の反射区を意味します。
@は、ふやけてブヨブヨしている感じで、無気力感。 Aは、ぷりんとした感じ。かなり勢力的。
そして、Aの方は、足が少し閉じて、高さの有ったお腹が、シックリとした印象です。お腹が痩せたというより、腰が多少しなやかになった様子。

 

 

当初、Eさんは常に倦怠感があり、めまいやアレルギー反応が強く出ていました。
・心配事で、頭がいっぱい。
・何かあると、全面的に人を責めてしまう。
・人の話には耳が傾けられない。
・人に体を触られるのも苦手。身体が辛くても他のマッサージ店には行った事が無かった、とのこと。
正面からで判りにくいのですが、足の裏全体・五本の指が反り返っている状態でした。
身体も同様です。全てのバランスが後ろ(腰)に乗っている状態、体重だけでなく日常の事柄を抱え込んで、ひっくり返りそうな感じでした。足は、この幅のまま開きも閉じもなかったです。寝返りが難しい状態。

揉んでも揉んでも、またパキーン。…ほぐしてもほぐしても、またパキーン。

この方に限ったわけではないのですが、お話しながらマッサージをして、ほぐれてきたな〜って思っても、またふとした拍子に同じ状態に戻る事がよくあります。イタチごっこの状態。
私のやり方がまずかったのかとも思いますが、もしかして「治りたくない、直されたくない心理」なのかな…って想うことが有ります。
また、施術の間、途切れることなくお話しています。それは、サービス精神なのか、思考が止まらないのか、相手の言葉をさえぎろうとしているのかは解りません。
まるで、信号待ちでブレーキを踏みながら、アクセルをブンブン吹かしている感じです。
施術ベッドの上なのに。

 

でも、きっと話しながら気持ちの整理をされているのかな…って思います。
特に私が何か言わなくても、喋っているうちに結論とか、方向性を見つけてくださるんです。

必ずしも痛い場所が悪いとは、言いきれないんですよ。

今回、来てくださる前日にお電話をいただいていて…
「サエちゃん、ちょっと聞いていいかな?」
「ハイハイ、なんでしょう?」
「メチャクチャ、右ひざが痛いの。病院に行ったけど、二件とも先生がお休みで、これってグーグー♪へ行けって事かな?痛い時に行ってもいいの?」
私のようなものは、もちろんレントゲンの設備もないですし、病名を付ける資格も知識もないので、この質問は答えにくいところが有ります。来てくださいとは言い切れないです。
でも、ひとつ言えるのは痛みの強い患部へは、直接触れないようにアプローチを出来るのがリフレクソロジーです。
そして、今回のように膝が痛くても、骨などに異常が無い場合は、違う場所をほぐすことで、痛みが緩和することがあります。別な言い方をすれば、強い張りがあるパーツをかばう為に、膝に負担がかかっていることもあります。

 

触らせて貰ったところ、太もも・すね・全体的に硬さと張りが有りました。ひざの裏にもグニグニとした大きな滞りが。特に、左側の方。
さかのぼって写真を見てください。左の足の小指の下あたりに出っ張りがあり、角質が固く皮膚が黄色っぽくなっているのがよくわかります。幅も断然広い。Eさんが、今までずっと左の足で踏ん張ってきたのがよくわかります。かなりの負担です。それを右足が、かばって痛くなってきたんですね。
「サランラップでキッチリ巻かれて、パーンと張りつめてる感じなのぉ…。」と、Eさん。

 

 

人って、ホンマに変わっていくものなんだな〜って、つくづく思います。

「サエちゃん…○○病院ってさ、レントゲン撮って湿布薬くれるけど、触ってはくれないね〜」

 

え、えーーーーっ。今、なんて言いましたか?
Eさん、いつから触って欲しい人になったの?前は、人に触られるの嫌いだったのになぁ〜♪
この変貌ぶり。とても良いことだと思います♪

 

今回も、おしゃべりし続けているEさん。でもね、時々ご自分の発した言葉とか、私のちょっとした言葉に「サエちゃん、ホンマやなぁ…」って答えるその瞬間に、奇跡のような「ほぐれ」が足裏に出てきたんですよ。
人に、「ああしろ、こうしろ」っていわれるより、自分で自然に腑に落ちたり、人の言葉に対して素直に耳を傾けられるようになった時に、人の身体って「ゆるむ」んですね。
それでね、今回はビックリなことがありました。
Eさんの親指の根元、今まではガチガチでピクリとも動かなかったのですが、凄い音で「ポキーーン」って鳴って…「わぁ〜。なんやこれ、私の親指、丸太みたいだったのに、ぱーーーーんって細くなった感じ。で、めっちゃ首がほぐれたのが判るわ。」
Eさん、親指が丸太みたいだったんですか?もちろん、体感の話ですよ。
今までエビ反りだった親指が、シックリと丸みを帯びた様子になりました。

 

そして、Eさんは今までよりも、身体の感受性が出て来たようです。
痛いとか、気持ちいいとか、体のサインをキャッチしやすくなったと思います。感じにくい人は、何かと暴走しがちなので、知らずしらずに無理してしまうんですよね。
ひざが痛くて曲がらない…っておっしゃっていたEさん。その後、三十分またオシャベリしていかれました。なんと、正座したまま(笑)何だか、表情も穏やかになられて、楽しそう。良かったです。

 

八ヶ月間のビフォアー&アフター。やっぱ積み重ねなんだな〜、つくづく思わされた件です。関連ページ

胃腸の疲れって「意外と」自覚が無くて「意外な」所に原因があったりしてますよ。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「胃腸の疲れって「意外と」自覚が無くて「意外な」所に原因があったりしてますよ。」
志摩でランチ&デザート♪ 心もカラダもホットな気持ちになれるカフェですよ。私も、あやかりたいです。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「志摩でランチ&デザート♪ 心もカラダもホットな気持ちになれるカフェですよ。私も、あやかりたいです。」
天からの恵み受けてこの地球に生まれたる我が子祈り込め育て
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「天からの恵み受けてこの地球に生まれたる我が子祈り込め育て」
『非日常的な動作』を取り入れてリフレッシュ♪ でも、日常って人それぞれに異なってるから『非日常的な動作』も、その人それぞれ違ってるんですよね…。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「『非日常的な動作』を取り入れてリフレッシュ♪ でも、日常って人それぞれに異なってるから『非日常的な動作』も、その人それぞれ違ってるんですよね…。」
人生いろいろ。デイサービスさんの皆さんの足もいろいろ。〜はまみの里さまにて・出張リフレクソロジー〜
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「人生いろいろ。デイサービスさんの皆さんの足もいろいろ。〜はまみの里さまにて・出張リフレクソロジー〜」