とりあえずやってみよう! Wさんの座右の銘 「頼まれごとは、試されごと。」

とりあえずやってみよう! Wさんの座右の銘 「頼まれごとは、試されごと。」

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。

 

昨日、久しぶりに王将に行ったのですが、注文しすぎ…。
若い時のように沢山は食べれなくなってしまいました。さびしいです。

 

会計の時は、どちらのおごりかを、じゃんけんで決定します。
連勝してます(笑) 
おごられるのは、あまり好きではないのですが、この時だけは非常にコーフンします。

 

 

腰痛のW様の原因が素敵すぎでした。

常連様のお母様の勧めで来てくださっているWさん(30代・男性)
Wさんはとても楽しい方で、ノリがいいというか、リアクションが素直で面白いんです。

 

初めて来て下さったときに、「甘いものを、寝る前に食べる習慣が無いですか?」っておたずねしたら、私の事を”何でもお見通しの人”って信じ込んでしまいました。
足裏を見ると、糖分をとり過ぎの傾向があるサインが出ているのと、胸まわりの固さ(ストレスや、呼吸の浅さ等…によるかと思われる)が特に気になったのです。

 

「えっ、寝る前にチョコレートを隠れて食べているの、わかるんですか?えーーーーっ、それって、一番上の子供しか知らないことなのに。えーーーーっ、バレてるーー!」って、ご自分で全部バラして下さいます。
その次の時に、「チョコレート、ひかえてるんですねぇ♪」って、お聞きしすれば、
「えーーーっ、我慢してるのバレてるーーーーっ」

 

そんな楽しいWさん、今回は腰痛で来てくださったのですが、意外にもひざの辺りから太ももの内側の筋肉痛も原因に有ったようです。

 

写真は、Facebookでのお友達の坂下様の投稿写真から、お願いしてお借りしました。有り難うございます。工務店さんの一角で行われたワークショップの時もの。一部分のスタッフだけでなく、市民の沢山の方が参加されたようです。

 

お話によるとWさんは、「竹あかり YOKOSO プロジェクト」さん主催のイベントに協力、イベントに向けてお仕事のかたわら慣れない作業をされていたそうです。
えらいし、ごーわかすけど、『頼まれごとは、試されごとやで』…と、Wさん。大変そうですが、すごく楽しそうです。
※三重・志摩の言葉
えらい⇒疲れる、骨を折る
ごーわく⇒イラっとくる、腹が立つ(業が沸く?かなと私は思います。)

 

 

 

 

 

みえ 伊勢志摩あかり 〜伊勢志摩サミットの終わりは始まりの合図〜

イベントは、5月28日(土)・29日(日)の二日間に渡り、浜島町の地中海村で開催されました。
陽が落ちる頃のタイミングに合わせ、見せて貰いに行ってきました。
会場にはもちろん、Wさんの姿も。
当日の搬入で、またもや少しお疲れ様のところでしょうが、「これから一番いい時間ですよ〜」と、案内してくださいました。

 

誰も写っていませんが、カメラを向けてる方々でいっぱいでした。

 

時間が経つにつれ、炎が際立ってきます。対岸の景色も、どんどんとおぼろげに。

ミニサイズのものも、とても可愛かったです。見えにくいですが、皆さんが思い思いのデザインでメッセージをされています。中には『くまモン』も…。

 

ハート??見つけてください。
ヒントは、寄り添い合ってる竹です…。

会場入り口には、とても大きなものが。こちらは、LEDが仕込んであるのだそうです。裏側から竹の内部に配線が仕込まれていて、それも細やかな作業だったでしょうね。「ごーわいた」の原因が、このややこしい作業のようです。ごーわかして下さったおかげで、こんな素敵なムードに…。

穴を空けるのに竹が回ってしまうので、Wさんは股で押さえて固定するのが大変だったそうです。
その作業に苦戦したことで、仕上がった時のWさんの喜びも、ひとしおだったでしょうね。
私自身、Wさんにお話を聞かせて貰っていなかったら、「わーー♪綺麗〜♪」だけで、済んでしまっていることでしょう。

 

私は何にもやってないけど、きっと感激指数はかなり高まることが出来ました。
Wさん、ありがとうございます。皆さんも、お疲れ様でした。いいものを見せていただきました。

 

今回は、初めて伊勢志摩地中海村に来たのですが、今度はランチにでも来てみたいなーと思いました。
じゃんけんで…(笑)

 

とりあえずやってみよう! Wさんの座右の銘 「頼まれごとは、試されごと。」関連ページ

すべてが日々の積み重ねなんですね。。。ブログをサボっていた私、やっとこさにオシリが持ち上がりました。
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「すべてが日々の積み重ねなんですね。。。ブログをサボっていた私、やっとこさにオシリが持ち上がりました。」