すべてが日々の積み重ねなんですね。。。ブログをサボっていた私、やっとこさにオシリが持ち上がりました。

すべてが日々の積み重ねなんですね。。。ブログをサボっていた私、やっとこさにオシリが持ち上がりました。

「グーグー♪」IF YOU WANT IT.のサエです。

 

HPの更新が、ずいぶんと空いてしまいました。
…しまいましたって(笑) それは、自分の仕業でしかないです。 はい。

 

ブログの空白中にも、おかげさまでお客様の輪は広がっており、そして、「四十肩の調子が良くなったよ。これからも、メンテをお願いね。」とか、「最近、心がおだやかになってきたような気がするよ。」 そして、「やっと赤ちゃんが出来たんです♪」など…。お客様の喜びに立ち会えることが、本当にありがたく…

 

有り難く…そう、”ありがたい”としか言葉が見つからないです。

 

皆さんの変化を見せていただけるときに、身震いがするような嬉しさ。

 

つまるところ、「おまえのモノは俺のモノ。俺のモノは俺のモノ。」って、ジャイアンのキメ台詞のような(笑)
そんな感じかな…違うか…。
しんどい時も、嬉しい時も、勝手に乗っからせて貰っています。ありがとうございます。

 

 

恐ろしいほどにサボり癖というのは、たやすく身についてしまいますね。

なんで、記事を書けなかったかといいますと…。
「何を書こうかな〜」って思っているうちに、時間が経ってしまって、別のことを考えてしまったり、やってたり。
ホントにごく普通の理由で、ここで言う事でもないのですが。そんな感じで、ウッカリしていると日々は流れていくだけなんですよ。

 

でも、かなり気にしていたんです。
書こう…書かないと…なんて。
出来たら皆さんが元気になるような話題や、少しでもお役に立てるようなことは何かと、いつも考えてはいます。

 

お客様や、周りの方にも「最近、全然投稿がないや〜ん。」「楽しみにしてるよ〜。」って言って貰って。
喜んで貰っているうちが、花やでぇ〜自分よ…。って感じでした(笑)

 

 

遠くにかすんで見えますのが、サミット会場の志摩観光ホテルだそうです。浜島町地中海村から、19時くらいの景色です。最近、日が長くなりましたね。

わからん時は、ヒトが言ったことに、そっくりそのまんま従ってみる。

それでね。こんなことが有ったんです。
先日、古くからの友人がお店のお客様として来てくれて、久々の積もる話のマシンガントークが炸裂しました。
彼女は、のんびり屋の私とは対照的で、とてもテキパキと働くし、次から次へと喋りまくるんです。

 

そして、あげく。

 

友人 「あんたってさ、全然自分の話をしやへん(しない)よな…。」
私 「確かに(笑)。」
友人 「あんたと居ると、自分ばっかりしゃべってて、いかんな〜って思う。」
私 「そんなことないし(笑)」

 

なんか、その一言で全てが解決してしまいました。

 

自分のことを語るのが苦手だったの?自分(笑)
いや、そうではなく。
彼女の話が面白いな〜って、感じることを楽しんで、ゲラゲラ笑ってただけなんですけどね。
ただそれだけでも、こんなに長い関係が続いていて…。

 

なんか、無理して「良いこと風」なことを書かなくても、ま、いっか♪
って感じで、また書いていきたいと思いますので、よろしければお付き合いをお願いいたします。

まつりのあと…

皆様ご承知の通り、伊勢志摩サミットもつつがなく?終了しました。
それぞれに想いは異なるかと思いますが、皆が口をそろえて言うのは、

 

「いっぺんに、静かになってしもたなぁ。」

 

三月から、志摩へ沢山の警察関係の方が入られていて、検問の際には市民に対して、丁重に「サミットにご協力をお願いします。」の言葉がけを繰り返えされていました。学校への行き帰りの子供たちやとのふれあい、ウォーキングの方と肩を並べて歩いている姿を車窓から見かけると、なんだかホッコリとしたものです。

 

当初は、煩わしいと感じていたこともあるでしょう。それが日常として定着するや否や、気負っていた部分は単なる誤解…思い込みであったと気づかされます。
ましてや、みんながみんな初めての経験ですから、サミット当日までの動きが全くつかめないままの日々の中で、不便なことも沢山あったことでしょう。

 

それでも、出来る限りで協力し合って、思いがけず新しい関係が生まれていくのが見られました。
案ずるより産むが易しとは、このことなのですね。

 

緑の多い志摩です。木陰に立っているおまわりさん、虫に刺されてないかな…。
西日が辛そう…。日が暮れても帰れないんだぁ…
とか、いろんな感情が湧きました。

 

私のところにも、サミット会場ホテルの警備をなさっている方が、お客様として来ていただいたことが有りました。HPを見て、三交バスに揺られて。
バス停までお迎えに行きました。息を飲むような『マッチョさん』。タフガイです。

 

でもね、寄り添って、感じ取って、触れてみて、それはそれは…言葉にならないほどの身体の状態。
「あぁ、こんな状態でもって、私たちを守って下さってるんだ…。」って思いました。ちょっと、泣きそうになりました。
緊張感と、積りに積もった疲労が強く、当然、寝ても休まらない状態だったんでしょうね。

 

でも、どこででも、いかなる状況でも寝れるという前提で、お勤めされています。
こんなにもピリピリとした心と体で、それでも私たち市民には真摯に向き合って下さっていたんですね。

 

 

 

意外にもあっさりと終ってしまったサミットの二日間、印象に残るのはこういった方々のお働きの姿だった、と言う方は少なくないかと思います。
久しぶりにお家へ帰られて、自分の寝床が一番…家族との時間を過ごされるのが一番の安らぎでしょうか。
それともまた休む間もなく、あらたな任務に付かれているのでしょうか。

 

いつも思います。
祭りって、当日よりも、それまでの準備期間に携わることのほうが、味わい深いものですよね。そして、深く心に残ります。

 

この流れで、浜島町で行われた『みえ 伊勢志摩あかり』のことについて書こうと思っていたのですが、意外と長くなってしまったので、また明日…。

 

この花はルピナスです。いたるところ警察さんだらけの志摩市。
そのなかで、磯部町の夏草花園は、警備ゼロ。
美人かかしが、腰を下ろして景色を見守ってました。

 

すべてが日々の積み重ねなんですね。。。ブログをサボっていた私、やっとこさにオシリが持ち上がりました。関連ページ

とりあえずやってみよう! Wさんの座右の銘 「頼まれごとは、試されごと。」
志摩市リフレクソロジープライベートサロングーグー♪のホームページにようこそ「とりあえずやってみよう! Wさんの座右の銘 「頼まれごとは、試されごと。」」